無駄な借金ほど後悔するものはない

高校を卒業してすぐの頃、卒業アルバムが売られて業者の間で回っていたらしく、通信教育の勧誘やダイエット食品のセールスの電話が頻繁にかかってきた時期がありました。

今なら断ることが出来るのですが、当時社会人になりたての世間知らずだった為断り切れず、必要無い商品を数個購入して合計200万円のローンを組むことになりました。当時の給料は約13万円以下と安かったのに毎月4万円の返済でとても苦労しました。

姉と2人で住んでいたので生活は出来たのですが、(当然物凄く怒られました)好きな物もあまり買えずに節約して生きていました。結局購入した商品はほとんど使用することなく捨てた記憶があります。当時はクーリングオフも知りませんでした。

これに懲りて、もう変な商品は買わないと誓ったはずなのに、ローン完済から約5年後、今度はエステ関係で100万円のローンを組むことになり、月2万円を返済することになりました。エステの効果はほとんどなかったので、100万円をどぶに捨てたようなものです。結局合計300万円を無駄にしたことになります。

今度こそ心を入れ替え、現在はローンを組むことは一切ありません。一括で購入出来ないものは手を出さないようにしています。

現在進行形なのですが、大学に行っていたころの奨学金がまだまだ残っています。
多少は支払ったものの、あと数百万円、残っているような状態です。

大学に行くときには正直こんなにお金で苦労するとは、まったく思わなかったです。
おそらく無知だったのだと思います。

私には、富裕層よりもちょっと下の層の友人が多いので、奨学金で大学へ行くのとかって普通のことだと思っていたのですが。

実際にはそこそこお金に余裕のある家のお子さんだったら、もっと楽に大学に行けていたのですね。

また、私が行っていたのは、みんなが知っているような一流大学ではなかったのが結構痛かったです。

あまり良いところに就職はできず、最初の就職先は人間関係でやめてしまったから今では事務のパートをしています。

そのため、月にもらえる手取りも少なくてその中から返済している状態なので、なかなか大変です。

結婚してもまだ払い続けて行かないとダメなので、本当に頭が痛いです。

ローンは深く考えずにお金を借りちゃうのでダメですね。キャッシングなら、「お金を借りる」という意識が強いのでたとえ今すぐお金を借りるにしても慎重に考えますし、覚悟もできます。

みなさんも気を付けてください。